譲ってもらう利点|中古物件探しは特化している不動産会社にお任せ!

中古物件探しは特化している不動産会社にお任せ!

つみき

譲ってもらう利点

ファミリー

中古物件というと新築物件に比べても人気が低いのが現状です。ただ、諸外国では、中古物件を積極的に購入する人が多く、一生のうちで中古住宅を何度も買い替える人も多いと言います。これは、単に日本と諸外国の価値観の違いでしかないのです。日本人の価値観は、「中古は人が使ったから嫌で、できれば新しいものを購入したい」というちょっと贅沢な価値観を持ち合わせています。 このように中古物件はどうも避けられることになっていますが、中古物件も意外と重要なのです。 それは、今の日本の空家数を見ると800万戸以上で、そのうちのおよそ半分は一戸建て住宅なのです。築20年の一戸建て住宅を中古で購入すると新築で同じような住宅を購入するよりも1000万円は違うのです。

この1000万円の違いは上物の違いです。上物は、20年も経過すればその価値はなくなってしまうと言われています。 つまり、築20年以上の中古物件を購入したとしてもその建物の価値は既になく、そこに住むくらいなら新築のほうがいいに決まっていると思う人も少なくありません。 ところが、最近はリノベーションをすることで、新築同様にすることができるのです。人が使ったものは使いたくないという潔癖な人でも中古物件を躯体を残してリノベーションすることで、新品同様となります。躯体は直接触るわけではありません。よって100パーセント新築と同様になるのです。柱や梁などの躯体も耐震検査をすれば、問題なく使うことができるのです。