価格差の問題|中古物件探しは特化している不動産会社にお任せ!

中古物件探しは特化している不動産会社にお任せ!

つみき

価格差の問題

夫婦と男性

賃貸の価格は、それぞれの地域により差が大きいです。 たとえば、北海道などでは3万円もあれば1LDKに住むことができますが、東京などの大都市では約3倍近い値段が当たり前となっています。 そして、最初に不動産会社から家賃をいくらまで出せるか聞かれると思うが、必ず伝えた金額前後で話をしてきます。 また、必ず良い賃貸物件を何度も足を運び信頼関係が取れないと提示してきません。 良い賃貸物件というのは、大家さんとの繋がりも深く、交渉次第ではさらに価格を下げる事も可能な物件となっています。 実際に賃貸探しを4回行ったが、その中で何度も不動産会社と大家さんが直接交渉をして賃貸価格を下げてもらった経験があります。 賃貸探しでは価格も大切だが、不動産会社との交渉も非常に大切で、提示された価格は有って無いようなものなのです。

最近は賃貸物件の老朽化が進み、多くはリフォームや建て直しが必要なものが多いです。 そうなると、自然に価格も下がってきます。 そして、安価な価格であれば高齢者や学生など若い世代の入居率が大きくなる。 現在、地方であれば1万円もあれば不自由しない賃貸を探す事ができ、高齢者が多く入居しているのを見かけます。 年金や収入が減っている今日、価格低下は非常に助かると感じている人も多いのでしょう。1人世帯も多くなり、1人であればワンルームで十分と感じている人も多いです。 そう考えると、最近の老朽化等による価格の低下と経済状況や1人世帯の増加、少子化などの現状が密接に結び付いているようにも思えます。 今後賃貸物件の価格を注意深く見ていくと、今日の日本の現状を反映しているかもしれないのです。